12.18
Fri
2015年12月15日付で、小島監督がついにコンチクショーナミを退社されましたねええええええ!!!!! (詳細を知らんでコ○ミを叩くとはコイツ人類の風上にも置けん)
おめでゲフン!!、…お疲れ様でした。今までMGSを作り続けてくれてありがとう監督!!ってついったでリプライしたよね。内容はもっとサラッとさせたけど(笑)
そんで翌16日から新スタジオを設立、新生コジマプロダクションキタァアア━||(((゚∀゚)))||━ン!!!ガタガタッ
(誰だ今「コジマプロ」んトコをうっかりロジコマって読み間違えた奴は)
新スタジオを設立した小島秀夫氏が明かす今後の活動や独立して得たもの - GIGAZINE
しかもSCEがバックに付く…よかった。いい作品を作り続けられれば特に何にも言わんハズ…(((;´∀`))震え
私等兄弟の大予想だと、P.T.(っていうかサイレン)が頓挫させられたうっぷんとか、ついったにおけるホラー映画のRT過多なトコから、監督の次の作品はホラーゲーだと思ってる。これMGSⅤTPP開発中のコジプロ解散からずっと言ってて、ヒデオなら海外のほうが…いやSCEならあるいは…でもあそこ人気に厳しくて有名…シッ!消されるぞ!!なんでもいいけど次の作品はホラーだな。…みたいなやり取りをしてたんですわ(笑)
今コジプロでは新しいメンバーを募集してる段階ですけど、にもかかわらずすでにグッズ販売の予約を準備しちゃってる辺り、もうホントこれは誰にも真似できないですわ(笑)。こういう、スピードがあって「いいセンス」のビジネス展開ができちゃう人脈づくりや判断力決断力みたいな敏腕さが、凡人の心をつかんで離さんのではないかと思うんだよ。そうに違いない。
……。
持ち上げすぎた(笑)
これからの氏のお仕事を楽しみに待ちまっしょい。

ところで話が変わりますが。
お、お、お、……鬼平犯科帳が終わる…!!!▄█▀█●ガーン
ニュースが駆け巡ったその翌朝、目○ましテ○ビのニュースでそれを知ったうちの店の長が、「これ缶が泣くやつでしょ」って私に追い打ちをかけてきたのがその日のハイライト。
公式HPによれば、シリーズ150本目の放送で最終回を迎えるってことだそうで、カウントダウンの149本目放送は、なんと本日2015年12月18日21時~の放送ですね。楽しみすぎてつらい。
公式HPに寄せられた中村吉右衛門氏の「ごあいさつ」には背筋を正しました。平蔵様今までありがとう(´;ω;`)…中村吉右衛門氏の鬼平が大好きです。あの台詞回し、間の取り方、眼光、立ち回り、着物を着慣れた立ち居振る舞いがさすがの貫録でした。他の時代劇とは一線を画していた…大好きです(´;ω;`)

あーあーあー時代が終わるんだ~~(´Д⊂グスン
新しい時代が始まるんだ~~(つд∩) …(つд・∩)チラ

■拍手ぽちぽちありがとうございました!


comment 0
12.13
Sun
今年の3月30~31日の二日間、宮城県石巻市へ行ってきた話を、ここへきてやっとしようかと思うわけです。
津波の被害に会われたみなさまに、なんの励ましも慰めも思い浮かばないくらいは衝撃を受けて帰ってきました。
石ノ森漫画館で「攻殻機動隊 大原画展」が開催されていたのでそれが本来の目的だったことは正直に申し上げておこうと思います。
だってアルビレックス市で開催された折、実は石ノ森漫画館で原画展やるってこっそり聞いて知ってたんだよわし(笑)。そのときスタッフーさんがたに、開催したら必ず行くねって約束したんだ。漫画描く描く詐欺以外の行動力はある缶。(それ全然威張れませんからね)

原画展以外には特に予定も立てずに行きました。ホテルも復興商店街もお食事処もグーグルマップで探した(笑)。あちこち行くための足も現地のかたがご厚意で出してくれたりしたので、缶のやることといったら現地で金使うだけでした。有名な「金華寿司」の海鮮丼を食べてきたよ~!!アルビレックス市も寿司は美味いけど本当にビビった。雷エフェクトがピシャーーンて入るくらい美味しかった。
あの二日間に出会った現地の方々は、震災のことをたくさん教えてくれました。私が聞かなくても全部教えてくれた。
たぶん、頑張ってることを誰かに聴いて欲しかったんだろうなあとか、外部の人間に溜まってることを吐き出してしまいたかったんだろうなあと思うんです。そういうのを受け止めに行くだけでも価値はあるもんだななんて思いました。
こういうことを言うと上から目線みたいな印象だけど、精神的なことって見えない分大変じゃないですか。大事な支え合いの一部だから、すごく大切なことだなって現地で感じたの。

ホテルの近くにあった「旧・観慶丸商店」さん。石巻駅から石ノ森漫画館までのルートにあります。
建物は昭和5年に建てられたものだそうです。(旧館のため現本店は別にある)
151213-1.jpg151213-2.jpg151213-3.jpg

このほかにもニュースでよく取り上げられた女川(おながわ)まで足を延ばしたんですけれど、あまりの景色にカメラ向けられんかった。
いや、瓦礫はとうに撤去されていて、初めて行った目には綺麗なもんなんです。撮影したってよかった。でも、元の街を写真で見れる場所があって、それを見たら目の前にある景色とは似ても似つかないんですよ。素で「え、は?」って言うほど全然違う印象でした。
なんて言ったらいいかわからないみたいなことを冒頭でも書きましたけど、言葉にならないというか、慰めるとか励ますとかそういう気の利いた感情が全く働かないんです。なんか言わなきゃなとは思ったんですが、圧倒的な現実ってこういうことかとか、これを経験した人の前では今までの人生経験なんぞアウェー感しかない、みたいなことばっかり思い浮かんで、結局じんわり涙が出ただけでした。
写真に撮ったあの橋も、橋に至るまで海水に浸かった地区をずっと走ったんです。広大な土地が更地でした。何千人の暮らしがここにあったっていう事実がよく飲み込めないほど真っ平らでなんにもなかったです。
現地のかたのお話だと、すぐそこにある海の水が沖へごっぞり流れて行って、海の底が黒く見えたんだと言っていました。海の底が見えるような想像をしたことはそりゃあります、オタクですものね!?でもあの話は想像力の更新をすることになってすっっっげぇ怖かった。それを聴いてから橋を渡ったので、比喩でなくちびりそうでした。帰りてぇまじ帰りてぇって本気で思ったんだよ~~。
女川に向かう途中、石巻漁港(石巻市水産物地方卸売市場)を見てきました。完成式典は9月26日だったので、私が訪れたのはまだ建設・整備途中の漁港です。国内最大級の全長876メートルの魚市場というだけあって、現場に立つと広さが…広いし長いなんてもんじゃなかった(笑)。スケール感がおかしかったです(笑)。さすが最大の水揚げ量を誇る漁港だけある…とかいうのはわかっちゃいますが、こんなにか!?こんなに必要なのか!!っていう驚きでした。あんな向こう側が見えないほど広くて長い建屋が必要なほどの魚が…揚がるのか…すごすぎてよくわからん(笑)

そうそう、石ノ森漫画館での「攻殻機動隊 大原画展」の話もしときましょう!
アルビレックス市で開催されたときより展示物が少し増えてた(*´∀`*)~(笑)。イノセンスの3Dポスター(?)があったり、各作品毎のVTRが流れる埋め込み式のテレビが延々と作品を紹介してたし、原画の流れのタイムスケジュールとか、フィギアとか、やっべぇやっべぇ言いながら拝見してきました。
ホントやっべぇ。(^~^)ウマウマ…うまうまといえば攻殻コラボの食事もしてきたよ~味は普通。
せっかく石ノ森漫画館に行ったので、大好きな仮面ライダーの展示物も巡れて嬉しかったし、009や他の作品も拝見してきました。
生原稿には一人ではしゃいだ(笑)。当たり前ですが、なんて迷いのない線を引くんだ…と感動しました。攻殻の原画展で見れたメーターさんの線とはまた別なんですよねぇ…。見た目は似てるけど、漫画家とメーターさんはやっぱり職業ジャンルが違うんだなあって改めて感じましたね。これ一緒にしたらあかんやつや…混ぜたら危険や…。
またしても、自分には1ミリも活かせないところで勉強になりました。行ってよかったです。
そんで、遅くなりましたがやっと語れてよかった。

■拍手ぽちぽちありがとうございました。


comment 0
back-to-top