09.30
Fri
160929-1.jpg 160929-2.jpg

9/24、25日と海自の護衛艦「ひゅうが」がアルビレックス東港に来航してまして、24日に見学してきました。ヒャッハーの写真のほうは多用途支援艦「ひうち」。
もらったチラシによると、ひゅうがの艦名の由来は宮城県の旧国名なんですね。帝国海軍でこの艦名だったのは1隻のみで、現在はこの護衛艦が名前を引き継いだ…と書いてあります。へぇ…。
ひゅうがは「ヘリコプター搭載護衛艦」だそうなんですが、見た目が完全に空母です(笑)。でも、甲板に出てド素人が見回しても20ミリ機関砲が1機しか見つからなくて心配した。おかげさまでWikiりましたセンキュー。
ひゅうが型護衛艦 (Wiki)

160929-3.jpg 160929-4.jpg

あの憧れのドデカいエレベータにまさか乗れるとは思ってなくて年甲斐もなくはしゃいで動画まで撮りました。甲板から艦内に戻る際にエレベータが若干持ち上がってから降下を始めたんですが、思わず「浮いた!?」と声に出てしまいまして、近くにいた男性自衛官に「エレベータを固定してる安全バーが外れてるんですよ」ってすかさず説明をもらえたりしました。ななななるほどそんなものがー!でした。(安全バーの単語の記憶が曖昧ですすみません)…うろうろやかましい見物人に優しさMAXだったよ自衛官さん方。
写真を撮り忘れてしまったのでWiki内の写真で確認していただきたいんですが、「甲板で転んだら傷口が大惨事のやつだね!?」とか言い合ったり、ド素人すぎてしょうもない感想に終始しました(笑)

160929-5.jpg 160929-6.jpg

いっぱいありすぎて艦内の写真を省いてしまいましたが、元々海上防災フェスタとしての見学会だったので、要救助者の傷病レベルに応じた搬送エリアの設置や、建造物を取り除くための道具類の展示、汚染対処エリアには専用スーツ着用の自衛官さん方もいて、洗浄シャワーテントの設置などもありました。洗浄用ホースにつながれてた車両に「剤タンク」って文字があったから、汚染洗浄はやっぱり専用の洗浄剤みたいなものなのかな。
上の写真にあるお風呂用の水の確保ですが、濾過装置で循環させているかもしれないなあくらいは想像できますけれど、本当のところはどうなっているのかずっと知りたかったので、自衛官さんが細かく教えてくれて嬉しかったです。
ただ、当日の私が寝不足だったり朝っぱらからあちこち走り回って忙しかったりで午後には疲労困憊してまして、水量のリッター数まで覚えて帰れなかった…。つらい…。あるいは、シャワーのパネルに書いてある「9ℓ/分」のことだったかもしれぬ。それほど記憶力ゲージがすっかすかで倍率ドンでパァでした。ハハッ☆
いい体験をした。

■拍手ありがとうございました。
…最近寝不足続きだし忙しくて映画も観に行けないしちっともよろしくない。でも悪いことが起こってるわけじゃないからまあいいのかな。
ヤマザキビスケット勤務のお客様が社名が変わってからの新製品を持ってきてくれて、その日からLevain(ルヴァン)にハマってしまい、デブの維持に努めている毎日だゼット。


comment 0
09.20
Tue
突然の秋で体が気温についていけない。寒い。

160920.jpg

宇多田ヒカルのアルバム「Fantôme」リリースに合わせて、「桜流し」にQの映像が付いたVer.を19日限定で公開してましたね。20日朝の5時まで見れたのは確認してました(笑)
……読み込んだブラウザ上げっぱなしで寝たので私は未だに見れててすまんな。
こないだも言った通りEVAの映画はまったく観てないので内容を知らずに拝見しました。元々ヒッキーの歌声が好きで桜流しはつべで延々流していた時期があったのでなかなか新鮮~。
作画のグラフィックスと背景がすごかった…。あと動画。
いつぞやお話しした通り、私は「髪の毛がなびく動画厨」なのですが(笑)、どうでもいい髪の毛動画と気持ちのいい髪の毛動画が私の中ではあって、今回拝見した映像でもカヲルの首ちょんぱ直前の髪の毛動画にはハァハァさせていただきました。
おかげさまであの通り↑初描きまでしてしまった。
最初は正面俯瞰で描くつもりだったんだけど、儚さを演出するためにこの角度にしてみた。…つーか目が…なんか…面倒で…ごにょ。
描けないわけではないけど、この人の絵ってちょっと目が独特だと思わんか。特にカヲルは元気ややる気があったり少しでも上下のどちらかに白目を作ると別人になる。厨二病設定にありがちな疲れたような達観してるような感情を抑えてるようなそんなつもりで描かないと大人びたような幼さが入らない…ような気がする(笑)。要するにミステリアスキャラ描くのが苦手なんですね私。

あ、そうそう。
「君の名は。」観たよ。私にしては珍しく新海誠監督作品に挑戦した。
それもこれも、予告2の最後で「名前は!」って叫んだトコと、「それはまるで夢の景色のように、美しい眺めだった」って感動気味に言ってのけた神木君の声のせいです。あ、これは観に行きますわ。ってなったほんとうにありがとうございました。


それであのほら、予告にもあるけど、流星が分かれて右側のが赤くなってるじゃないですか。んん?なんで赤くなってんだろ、大気圏突入でもしてんのかなって思ってたんですよ(笑)。しかもこれはみんな気付いてて黙ってたことだけど流星があの角度で見えるならあの展開はおかし…おや誰か来たようだ。
そんなことよりこの映画は神木君が素晴らしすぎて真剣に見入ってしまったんですけど!それに背景がすごすぎて倍率ドンさらに倍で真剣に見入ってしまったんですけど!!
あーこれは売れますわ…(笑)。今回の勝者は満場一致で、口を挟みまくったというPじゃないの…。V2達成(今日の記事だとすでにV4になってた…)の立役者としてボーナスを支給してあげてと思ったわまじで。

■拍手ありがとうございました!


comment 0
back-to-top