12.12
Mon
いつもの。

下の記事はパスワード制ですがつまりはそういうアレですので、はは~ん!とかなんとかピピーーンときて、且つ、同志諸氏のみご閲覧ください。
パスワード制の記事なんてほとんど上げないからまた設定を忘れてて今回も一瞬全公開になってて申し訳ございません。
本当にありがとうございました。

■拍手ありがとうございます。忍々


comment 0
12.12
Mon
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

12.02
Fri
うおおおおおおおおキタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!
ヒデオ監督の「DEATH STRANDING」ティザートレーラー第2弾キタ━(゚∀゚)━!!


あひっひひぇひゃふへ…マッツ・ミケルセンがイケメンすぎてやべ…^//////^ うぇーーーーーい!!!!!
( ˘ω˘ )oO(具体的に言うと髪がふわってなるとこから最後までです)
…ってわざわざ言わなくてもそこしかねぇか!!うっっひょーーー!!!(にっこにこ)
あのメガネの人はギレルモ監督ですかそうなんですかあひゃー(笑)!!(にっこにこ)
ヒデオ監督…神かよ……OMGかよ…。期待を裏切らないエンタメ神だよますます尊敬する。あああーー好きじゃああああああばばばばばばば/////////

あっそうそう。
神といえば、神の009第1章観てきたました。でも今日から第2章が始まったのでもうダメかもわからん…このくそ忙しい12月に3週間連続上映では時間がありません神よ…。
161202.jpg

うーんと、例えるならしどにあのきしっす。な、なぜだ、なぜなんだよ!!事前にわかってたけどやっぱり劇場では胸の内でそう叫んでいましたよね。…あの顎の無さどうにかならんのかとずっと思ってたけど、009も同じだったので察しました。どうにもならんのだな。
昔からのファンには嬉しい要素があったかもしれません。でも正直「RE:CYBORG」の予算がそれなりにあってのアレだったんだなあと想像してしまうマン。
物語は悲壮感漂う009を踏襲してて今後も面白そうですし、国連の日本人が死なないかがばっちり不安な幕切れだったので第2章が気になる。でも観に行く時間がないよマイゴッド。
opとedがMONKEY MAJIKだったことにガタッとなりました。特にedの「Is this love ?」の歌詞で「誰がために戦う」って言っててなんというリスペクト。リリースされたら欲しいです。
あとはもう「ひるね姫」に期待しております(-人-)…。

12月1日は映画の日だったので、友人からオヌヌメされてた「この世界の片隅に」と映画館をハシゴしてきました。アルビレックス市での上映館が1館ずつしかないのでどちらも観るならハシゴするしか手がないのガッデム。
「世界の片隅」のほうはついったでも大絶賛大号泣の嵐だったので、「君の名は。」と同じようにハンカチ握りしめて臨んだんですが泣かなかった(笑)。どっちも泣かなかった(笑)
ただ、金ロが何十回と「火垂るの墓」を垂れ流すなら今後は絶対に「この世界の片隅に」をローテしたほうがいいと兄弟が話していたことに完全に同意しながらの鑑賞でした。当時の人間が生きてたことを感じられる映像は、徐々にいろいろを奪われていってある日突然一瞬で家族を失って最終的に自分を鼓舞していた理由も取り上げられる悲壮感すら身近に感じることになって、なかなかにぐっときました。戦争映画として新しい視点のお話だったと思うし、端々ですごく印象に残る内容だったと思います。
どぅー人誌作ってるかたが原作者とはつゆ知らず。アニメ映画になる前にドラマ化されてたんですね。
能年玲奈の演技もぴったりで素晴らしかったです。あの主人公は能年玲奈じゃなきゃ成り立たなかったわ。それくらいよかった。

■拍手ありがとうございましたヽ(・∀・)ノ


comment 0
back-to-top