02.17
Fri
そうそう。
下の記事を上げてから思い出して大変恐縮ですが、年始に宣伝した脱稿の件、寄稿した先方のご本が去る1月のイベントではなく5月か夏の発行に変更となるそうなので、CM兼ご報告です~!
近くなったらご本人様のHPにも再告知あるかもしれませんが、まじでお忙しそうなのでとぅいったが確実かもしれません。HPにとぅいったのリンク貼られてらっさるので勇者ヨロピコ。
ていうか1月のイベントの前にお知らせすべきだったんですがFFXVが忙しくてすっかり忘れてたよ~すみません…。だってグラディオが離してくれなくってさ^^^どぅふゅっ

そういや「ACCAの主人公、もしや第一王位継承者じゃねぇ?」みたいな予想を先日ここで立てたばかりですが、よく見るとOPで雫が水面に落ちて王冠ができてるんですよこれ今回は私の妄想の勝利じゃねぇ??みたいな確信を得ており。

170217-2.jpg
決してBLではありません仲良しなだけです(棒)。…ぶっちゃけ仲良しなだけのつもりで描いたのにこのBL臭…。ほっぺたに線入れたのが間違いだったのかな…。いやしかし…。
FFXVですが、レガリア(車)を取り戻したところで進行止まってます…。この先のストーリーがわかってるからオルティシエ行くのが怖いんだよぉ!うううこのままの4人でいたい(;_;)…。
この先グラディオが消えると奴のリンクアタックやコマンドに頼れなくなるから、王子の戦力だけが頼みの綱だよ~。イグニスは若干王子より弱いしプロンプトと二人して防御力がやわらかいんですよ~。…そりゃアテクシのFFXVはゲーム1週目のレガリア奪還直後でパーティレベルが70になってるんで大型エネミーとも余裕で渡り合えるしむしろ王子だけで倒せるわくらいの疑惑があるけど単純に嫌なんだよ~!グラディオがいないとかさみしい嫌だ~!!
と、駄々をこねていて先に進みたくない…。
でも2/20までの公式限定でオルティシエに行かないと楽しめないお祭りが開催されてるし、すぐ次に控えてるアプデがもしかしたら一回クリアしてないと反映されないんじゃないかと兄弟に脅されてるから、一度でもいいからクリアしときたいとかいうジレンマ。
うう…苦しみしかない…。ここから先は試練のFFXVだよ~(つд∩) ウエーン頑張る…。


comment 0
02.17
Fri
今日も映画の話~。

170217.jpg
やっと「Doctor Strange」観てきましたやったぜ。
パンフは上映開始直後に買ってたので限定版仕様のアクリル紙のカバーついてるやつを手に入れてた(笑)。ネッ広で断然3Dと言ってたかたがいたのでよっしゃ3Dで観よう!と思ってたけど4DX3Dしかなかったのでそれにしました。簡単に4DXで観る族。

※例によってネタバレは極力避けますが雰囲気は伝わると思うので映画を楽しみたいかたは以下をお読みにならないほうがいいかもしれません。
ここから

Mr.Cumberbatch、Ms Swinton、Mr.Mikkelsen の主演の3人が最高でした。
何度も言うけどティルダ・スウィントン好きなんじゃー女優で一番好きじゃー。まじかっこいいしきれい。あの表情の乏しい儚そうな色白細みの美人がショック受けたり本質を言い当てられたときの表情の演技が好きすぎてキュン死しそうだよ~~ああ~~!!それまで唯一無二みたいな強い役やっててその均衡が崩れる瞬間があったりするのがはまり役だと思うんです。「Constantine」のガブリエルで彼女を知ったからそう思うのかもしれないけど。
…。
( ˘ω˘ )oO(脱線)<よく考えると仮面ライダーオーズのアンクってガブリエルの髪型に似てるんだな…色白細身の美人だし羽あるし…。
…。

ベネディクト・カンバーバッチは言わずもがなイケメンなのにコミカルが似合うし、高慢ちきもSHERLOCKのせいで見慣れてるしで大変ご馳走様でございました。あとマントがもうね^^^^^
時間的制約と物語の引き締めの意味もあったのかもしれないけど、押犬映画を見慣れてしまったというか、日本的なストーリーを見慣れてしまったせいかもしれないというか、個人的にはストレンジの高慢さにもっと時間かけてもよかったような気がする。そうでないと「高慢」って説明だけ宙に浮いたような格好になって、終始「天才だけど性格的には普通で深層部分ではいい奴」でしかなかった(笑)と思う。もう少し時間かければ後々ERの彼女や彼へのシーンが活きたんではないかなーとかさ。
でも、高慢に見えないのはもしかしてさっき言ったように私がSHERLOCKを見慣れすぎたせいなのでは…???(笑)

そんでマッツ・ミケルセンですが、ホントこの人イケメンですね!!?Mr.カンバーバッチとは別な次元のイケメ…イケメンというかいい男と言ったほうがしっくりきそう。
今までも度々見かけたけどコジプロの「DEATH STRANDING」の第2弾PVで本格的にこのかたの魅力に気が付いたので、小島監督曰くこれからマッツSWAMP(沼)でマッツスワンパーになる人達の補欠員ですからね私(笑)。このPVのMr.ミケルセンの部分は何度見返してもセクシー。小島監督まじでマッツ愛してんだわ…ってわかるほど色気という色気が満載でビビった(笑)
「SW ローグ・ワン」のお父さん役も大変色男だったけど、「Doctor Strange」みたいにグリーンバックでワイヤーアクションしながら架空の攻撃してる姿を想像したら、あの色男が表情の乏しい真顔でニューヨークの街を全力疾走しながら魔法使ってる本編が際立って色男。…何を言っているのかわからねーと思うが、俺も何をされたのかわk(ry

ここまで

そんなわけで映画観に行ってください。オヌヌメ。
アベンジャーズが好きなかたにはもちろんですが、現代に繰り広げられる魔法ものが好きなかたにも楽しめる映画だと思います。残念ながら私はアベンジャーズを観てなかったので少しだけ損をしたなあと思った。

■拍手ありがとうございました。
■拍手コメントありがとうございます。
・02/14:07:01ぽちりさん:ぎゃあああああ!!め、めちゃ幸せです!!最高です☆彡熱があるはずなのに脳内で勝手にすり替わっていく自分がいますw見ることができて嬉しいです!そして、その脳内の広大な中を是非表に出して欲しい…
>幸せになってくださって私も嬉しいです、ありがとうございます!╭(°ㅂ°)╮ヤッ╰(°ㅂ°)╯タゼ!! これからも脳内が形になった暁には頑張ってアップしていきたいと思いますのでよろしくお願いいたしますm(_ _)m そんなことより攻殻のアレな記事に未だに反応をいただけることに大変感動しております。ありがとうございました~!


comment 0
02.11
Sat
例のアレですが、全然腐ってない気しかしない…。
文章のほうがイカレてる希ガスます。
パスワードで飛んでくださいアディオース。


comment 0
02.11
Sat
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

02.10
Fri
今日は映画の話。たぶん。
たぶんというのは頭の中がお花畑なのでいつFFXVの話があふれ出てくるかわからんからです。なんならACCAでもいい。ジーンかわいいなあヨダレヨダレみたいな話なら今すぐできるのでご要望にお応えして後程します。(誰も要望など出してないよ)

170209.jpg

というわけで上記の二作品を観てきました。あんなに観たい観たい言ってた「Dr.ストレンジ」はまだ観れてないので悲しみしかない。
もうずっと待ってた「虐殺器官」がやっと映画館で上映開始して本当にうれしい。これでITO PROJECTが完結しましたね。マングローブが倒産したときはどうなることかと思ったけど本当によかった。
「虐殺器官」ですが、伊藤計劃氏の世界観がすごすぎてどう言っていいのかわかりません。小説の時系列的には「虐殺器官」→「ハーモニー」とのことで、映画を観る前に原作は読まないでおこうとまだ全作積み本中です。そんなわけでこれから全原作に取り掛かります。その前に映画の感想を吐き出しておこうと思って、思い出したようにブログにアクセスしてみたよ。

映像で観るとハーモニーのほうが内容が優しかったように思いました。ただ根底は同じ源泉からの枝分かれ的なストーリーなので、どちらも漠然と人生の薄暗いイメージをピックアップした強かな話だったなあというのが全体の感想です。
ネタバレは避けるけど結局雰囲気は伝わると思うので、映画を楽しみたいかたにこの先を読むことはお勧めしません。

※感想はここから


「虐殺器官」ですが、監督はものすごい信念を持って映画を作られたんだなと感じました。一般ウケするようなエンターテイメント作品では決してないと思います。血ブシャーが大の苦手なかたには気絶できそうな表現をR15指定までで抑えたのも頑張ったなと思いました。
映画の予告などで特殊部隊の任務が描かれるのかなあとはみなさん考えてらっしゃるはずですが、あそこまでしっかり戦闘の残虐性を淡々と見せてもらえたのは大変素晴らしく圧巻の一言でした。カラー動画ででき得るギリギリのラインかなと想像したりします。あれは実写では表現できない演出だと勝手に考えているのですが、攻殻やMGSで見慣れてたり妄想し慣れてるとはいえ、誤解を恐れずに言えば「ゾッ」とできます。
伊藤計劃氏の作品はこの「ゾッ」とする感覚が根っこにあると思うんですが、ヒトがどんなに偉ぶって正義感ぶったところで絶対に置き去りにできない「白」と「黒」や「善」と「悪」の表裏一体の、この「裏」の部分をちょっとつまんで「表」に持ってくるのがすごく巧みなかただと感じました。覗いてるつもりの深淵の深さを、日常の思わぬ一コマに組み込んできて、ふと気が付いたら足元が10センチ幅の両側断崖絶壁を歩かされてたっぽいイメージです。こんなに恐ろしい深淵だと思わなかったとか、こんなに細い道をのんきに歩いてたとは知らなかったとか、知ってるつもりだったものへの突然の新しい知覚をポンと目の前に突き出されるような話かなというのが率直な感想です。
深く考える段階を踏むことなく、テクノロジーによって与えられる解答や手段が現在も粛々と進行中ですが、一体いつからこうだったのかは誰も覚えていないと思うんですよ。
ヒトが科学を知覚したときからかしら。それとも絵文字、あるいは文字を獲得したことによる社会形成の始まりからかしら。どんどん賢くなってどんどんスピードアップしてその果てに、必要だと思っていた思考の大部分を数式やテンプレートに振り分けて組み分けされて、もはや最初から解答ありきで物事が進んでいくときに、ヒトが獲得してきたこのデカい脳の存在意義とは何かとか、つまり自己とは一体どこからどこまでなのかとか、そうなると自我とは一体、判断とは一体、己の芯に巣食うはずのそれらをつなぎ止める正義や観念とは一体なんだったのかっていう空恐ろしさですね。
確かに私たちのような攻殻オタクやMGSオタクはこういう問題や思考がずっと側にあったわけですが、側にあった分知ってるよって思っていたんですよ、私なんかは。だから映画を観ている間中「イノセンス」や「MGS」をずっと思い出していましたし、伊藤計劃氏は生粋の「MGS」ファンで小島監督とも親交があります。
でも映画はびっくりするくらい「ゾッ」としました。本当にすごかった。これは監督が頑張ったんだなと改めて思います。マングローブの倒産で上映順が当初の予定と逆になってしまったわけですけど、こんなものを見せられたらむしろ逆でよかったよっていう感じです。


ここまで。

「虐殺器官」は、ITO PROJECTの完結作品として〆にふさわしい素晴らしい映画ですので、まだ観ていないかたや、観る予定がなかったというかたは、どうか足を運んでください。そうして彼、伊藤計劃氏の、死を前にした薄ら暗さと、その先になにかをつかもうとしていた生の生々しさを感じてきてください。
そんで、彼が残した二つの完結作品と、「屍者の帝国」(冒頭部分のみ。続きを盟友:円城塔が引継ぎ作品にした)と、MGS Guns of the Patriotsをみんなで購入しようぜ!!!(ダイレクトマーケティング)


それから「ルパン三世 血煙の石川五ェ門」~。
これも血ブシャーだった(笑)。痛い痛い痛い!!ってなってました(笑)。毎回思うけど山ちゃん最高。最高山ちゃん。ここんとここういう低い声しか聞かなくなったような希ガス。私が聞いてないだけだと思うけど、明るいノリは映画告知のナレーションばかりなり。
じゃなくて…(^v^)呆
五ェ門がかっこいいと思ったのは今回が初めてでした大変すみません。
二次元では、「普段強くて頼もしいパパなのに女々しいところのある男」か「いつも優しい癒しのパパだけど精神力は右に出る者がいない男」が大好物な缶ですが、なぜか五ェ門は特に琴線に触れず今まで来たんです(笑)。でも今回はかっこよかったと認めざるを得ない…すげぇ、すまん。
それに、なにはなくとも日本刀の硬さの表現に私の心は鷲掴みですよー!!うおおおおおカッコイイイイ!!斬鉄剣がすげぇのはもうずっと言われてたのでわかりますが、日本刀として見てしまうマンなので日本刀さすが日本刀!!とかいう日本刀信者みたいな感想ばかり持ちました。…刀剣乱舞は今後も知らないと思うのでそちらの話ができずすみません。元々日本刀は好きなんだ女神異聞録ペルソナ辺りから。
五ェ門というより日本刀の話になって申し訳ありませんが、……いや、これ前にも語ったわきっと語ってるわ……日本刀のあの反り具合、あの刃幅、刃紋、柄巻の美しさ、そして何より刃の強さと鋼の職人技がry
例によって1週間くらいしか上映してないのではなかろうか。お早めにどうぞ…。


さてそれではACCAの話でもしますか。こんなときばっかり有言実行。
私が自らアニメを見ようとするなんてそんなにあることじゃないのですが、見るきっかけはそもそものPVがカッコよすぎたせいです。元々漫画もアニメもそんなに量を読んだり見たりしないほうのオタクなので例にもれず原作は拝見してないんですが、アニメのキャラデザがとても好きでこれは見なければならんと思いました。
主人公ジーン・オータスのあの後頭部と襟足が最高にキュートじゃないですかたまんねぇなあオイ。風になびく髪の毛好きとしてツーブロックの風をはらむふわっと感にもんどりうちますごちそうかよ~(にっこり
原作を知らないからまたぞろ原作無視の妄想が膨らんでるんですが、現時点でのアニメの情報から推察するに、もしかしてジーンって王族なんじゃないの??王様の実の息子の息子なんじゃないの(つまり孫)???第一王位継承権の持ち主なんじゃないの?????って思った。バカ王子(CV.宮野真守)が一人いるけどあ奴より血の濃いほうの王族だったりしてなあ。そんで親友でダブルスパイのニーノは王様直属の諜報機関が本業でACCAのカラスな役職もカモフラージュでしょきっとそう(笑)。最近王族に萌えてるせいかな…。王族かもしれんアンテナがピピーンとキタわ。また間違ってんだろうなあ。今後も楽しみにHuluします。
でもジーンのあの落ち着きと懐の深い優しさとさらさらブロンドヘアと妹ロッタのかわいらしさと美貌を見るにつけ、こいつら王族だろ常考ってなるわ。
ちなみにロッタの声優さん、イタリア編青ルパンのレベッカと同じだと思ってたけど声優さん調べたら違ってた…。ホント私声優に疎いわ~…。
ところで、スイツ区のウォーブラーへのジーンの信頼と期待感と優しさを見たら、最近腐女子捗ってる私のうんこ頭が早とちりしてしまったから誰か早よ。いやまずそんなことより本部部下のノットが3人の子持ちで今嫁さんに逃げられてて公式サイトの「おやつの時間」で仲良くおかし作ってるの見せつけられて缶瀕死なんですよ誰かポーションしてくれ。公式が私を頃しにきてるわ。拝むわ。ノット嫁さんに逃げられてるのにキャラ設定に「穏やかで優しい」って書いてあるから単に喧嘩して実家に帰ってるか奥さんすごいやり手局員で仕事で出張なのを「逃げられた」扱いにしてるだけなのかもしれないとか妄想捗るぅ~。

よし今日はFFXVの話は出なかったな!!よし!!
グラディオが本当にみんなのお父さんで兄貴分ででも若造すぎて青臭さに翻弄されて庇護者でいられないキャラ設定だったって話ししたっけ。いやついったでこの話ししたんだわ。ファミ通のインタビューでグラディオの声優さんがそう答えてて私は…私はーーー!!!拝むわ。


comment 0
02.01
Wed
毎日眠さMAXの缶ですこんばんは。
げろ吐きそうなほど無反応なので却ってびっくりしてますが、ものともせずにFFXVに迸ってるブログをうpり続けるのでコンゴトモヨロシク哀愁!!☆-(*ゝω・)バチコーン 思ったよりゲーム民いなくて白目剥いてる。
なぜか感じる後ろめたさからついついついったにも言い訳めいたことを書いてしまったのだけど、攻殻についてもう語りつくしてて今更特に何もしゃべることなどないんだよ察しろください…。みたいなことを言いながらFFXVの写真をPS4からついったに毎日サルベージし続ける私。えっ攻殻ならBL話でもしろ?貴様殿はふざけておられるのか??寝惚けるのは寝起きか寝不足時だけにしろです。
BL話でもいいんですけど、別にトグサの痴態に涎垂らしたいとか余裕のないバトーの焦燥感に涎すすりたいとか…いや、正直垂らしたりすすったりしたいですけどね?!したいよ!!でも別にそんな可及的速やかに毎日毎時間毎秒喫緊の課題として大至急自立するほどの厚いページ数費やした内容で今すぐナウ欲しいかと言われると、「いやそんなには…今度でいいです」みたいな心持ちなんだよ~。むしろ自立する厚さのページ数で欲しいのはバトーとトグサのBRなのでそっちなら可及的速やかに喫緊の課題として今すぐナウですわ。
……?
何の話してたっけ…。
え~っと、そう。
そうそう。

何の話しようとしてたのか思い出せないので、今日もFFXVの話です。いや、思い出した。FFXVの話しようとしてた。
イエス!!!(痴呆)

170131.jpg

さっき「PS4からついったにサルベージ」と書いたけど、FFXVは戦っても戦っても経験値たまるだけで、レベルアップするには睡眠を取らなければならない大変ホワイトな王族ゲームなのですが、寝る前に王子の親友が撮ってくれた写真を保存できちゃったりして、その上限がたったの150枚なんですよ~。
そんで、メインストーリーをちゃっちゃと進めず寄り道ばっかりして楽しんでる私のようなプレイヤーは、言わずもがな物語の序盤で150枚などあっという間にたまり、果ては親友の撮影では飽き足らず、資料用や鑑賞用や萌え用などで独自キャプすら撮ってしまうありさまなので、n百枚n千枚をため込むわけです。それを厳選して削除したり、ネッ広にサルベージしたりして上限を空けてやろうと毎日奮闘してまして、その結果ついったのメディア欄がFFXVで溢れかえることになるのです。…大丈夫大丈夫。アップから2日以内には削除してるから今は数枚うpられてるのみ…。
でもついったの野郎、PCで削除してもスマホで見ると全部残ってるからそっちも手動で削除しなきゃならないの面倒すぎワロタ。
何度も言うけど、こんなにハマる予定など更々なかったんだ(´・ω...:.;::..サラサラ.. そう、(´・;::: .:.;: サラサラ..な…。ネッ広見てると結構な人数同じこと言っててちょっとホッとしてるし同時に同人数がスクエニの思惑通りかオノレレレ…。いいけど。

SSSやARISEみたいに新しい攻殻機動隊の物語が綴られる未来があるかもしれんのでいつでもテンション跳ね上がる用意はできてるんだけどまずはハリウッドを今か今かと椅子から立ったり座ったりしながら待っている状態です。早よ。でも終わってしまうのが嫌でまだ公開してほしくないこのジレンマ。
そういやさあ!ハリウッドのポスター見たけどトグサいねぇな!!?Chin Han どうした!!Mr.Han は本当に出てくるんですか!!心配!!!(;_;) あの下からライトアップされた問題のキャラシが出回ったときに世界のコメントがまとまってるの読んだことあったけど、みんな揃って「トグサもっと若いやついたろ…」だったのがもしや影響してるとか言わんよな…。って心配になるほどガクブルしてる(笑) …って笑ってるじゃねぇか!
もしかしてアレ公式のキャラシじゃなかったんじゃねぇの…どこかの攻殻ファンが勝手に作った架空の…まで妄想が広がってる(笑)。あっはっは(笑)
トグサ出なかったら出なかったでいいけど、ホントにChin Han が決まってるならたくさん出てほしいな~(´ω`)…。ただ妄想なら任せろ。PS2の攻殻ゲームでトグサが声だけの出演だったときも問題などなかったさ。…フッ(決まった)

■拍手ありがとうございました。


comment 0
back-to-top